雑記

おすすめの歯ブラシの種類は?使った後はしっかり除菌がポイント!

おすすめの歯ブラシの種類は?使った後はしっかり除菌がポイント!7

こんにちは!
「くーさん」です!!

 

 

シャカシャカ♪
おすすめの歯ブラシの種類は?使った後はしっかり除菌がポイント!4
晩御飯を済ませ、
いつも通り鏡の前で歯を磨いています。

 

 

普段使っている歯ブラシはドラッグストアで購入しています。

 

 

特に歯ブラシにはこだわりが無いので、
ブラシの先が開くまでいつも同じものを使っています(笑)

 

 

歯ブラシで歯を磨いていると、

 

 

歯ブラシって種類によって磨き心地が変わったりするのかな?

 

 

なんて疑問に思いました。
そんなわけで今回はどんな種類の歯ブラシがあるのか書いてみました。
また、使った後の歯ブラシの除菌方法まで考えてみました!

おすすめの歯ブラシの種類は?

 

おすすめの歯ブラシの種類は?使った後はしっかり除菌がポイント!

歯ブラシと一言で言っても歯ブラシ「大きさ」「硬さ」など
様々な歯ブラシがあると思います。

 

 

そこで、今回は歯ブラシ
「大きさ」「硬さ」「毛先の形」「毛の材質」
4つの項目に分けて項目ごとに分析していきたいと思います!

 

 

1大きさ

 

 

歯ブラシというと思い浮かべる大きさはブラシの部分が
だいたい横幅1cm × 縦幅2cmくらいのイメージをすると思います。

 

 

その大きさが普通サイズとなります。

 

 

通常通りに磨きたいという方や、
細かく磨くのが面倒なんて方は標準の
普通サイズを選ぶと良いでしょう。

 

 

一方、コンパクトサイズ(小さめのサイズ)のものもあるようです。

 

 

ブラシの部分がコンパクトサイズの歯ブラシは
奥歯までしっかり磨きたい方にはおすすめですね!

 

 

また、

 

 

歯並びが悪いので細かいところが磨けないよ~(>_<)
おすすめの歯ブラシの種類は?使った後はしっかり除菌がポイント!6
なんて方にもおすすめですね!

2硬さ

 

 

歯ブラシの硬さは基本的に3段階です。

 

 

「やわらかめ」「ふつう」「かため」

 

 

この3つの中で選んでいくことになります。

 

 

まず「やわらかめ」歯ブラシです。

 

 

「やわらかめ」の歯ブラシの場合は、
例えば歯周病などで歯茎が弱っていて、
お口の中がデリケートなときにおすすめの硬さですね。

 

 

「ふつう」歯ブラシの場合は、
スタンダードな硬さとなり、
効率よく歯の汚れを落とせる

 

 

ちょうどいい硬さ

 

 

といった感じです。

 

 

最後の「かため」に関しては

 

 

歯ブラシの使用感をしっかり感じたい!
なんて方におすすめです。

 

 

しかし、硬い分、強く磨いてしまうと歯茎を傷つけてしまう
なんてこともあるので気を付けましょう!

 

 

「かため」歯ブラシを使う良いところは
弱い力で磨いても汚れがしっかり落とせるところですね♪

 

 

3毛先の形

 

 

毛先の形のじっーと見たことはありますか?

 

 

じっと注目してみてください、、、、、。
おすすめの歯ブラシの種類は?使った後はしっかり除菌がポイント!5

 

 

どうでしょうか??

 

 

実は毛先の形も違うんです!

 

 

一般的な歯ブラシなら、歯ブラシの毛先の部分が
「ラウンド」といって毛先の先端が丸くカットされています。

 

 

毎日使っているものでもなかなか毛先の形なんて
細かいところまで気づきませんよね(笑)

 

 

一方で、先端に向かって細くなっている
「テーパー」なんてものもがあるそうです。

 

 

毛先が一番細くなっているため、
歯と歯茎の隙間を狙って汚れを落とすことができます。

 

 

歯周病の予防にも向いている歯ブラシですね。

 

 

4毛の材質

 

 

毛の材質は「ナイロン」「飽和ポリエステル樹脂(PBT)」の2種類があります。

 

 

1つ目の「ナイロン」は丈夫で切れにくいため、
店頭にある歯ブラシのほとんどにナイロンが
使用されているようです。

 

 

また、吸水性が低いために磨き終わった後、
歯ブラシに残った細菌が繁殖しにくいそうです。

 

 

2つ目の「飽和ポリエステル樹脂(PBT)」です。

 

 

なんだか難しい響きの材質ですね( 一一)

 

 

飽和ポリエステル樹脂(略してPBT)は最近使用される
歯ブラシが増えてきているようです。

 

 

ナイロンよりも吸水性が低く、耐久性もあるため、
歯医者さんで使われている歯ブラシの多くに使用されています。

 

 

歯ブラシは口の中に入れるものなので
一番気になるのは衛生面ですね!

 

 

使った後はしっかり除菌がポイント!

先ほどお話ししたように
歯ブラシは衛生面が一番気になるところ。

 

 

いくら細菌が発生しにくい材質を
歯ブラシに使用しているからって
細菌は目に見えないので気になりますよね。。。

おすすめの歯ブラシの種類は?使った後はしっかり除菌がポイント!1

 

 

そんなときにおすすめなのが
歯ブラシ専用の除菌器!!

 

 

歯ブラシの除菌器なんてものがあることに
私はとても驚きましたっっ( ゚Д゚)

 

 

歯ブラシは使った後は立てて保管しておくものだと思ってましたから、、、。

おすすめの歯ブラシの種類は?使った後はしっかり除菌がポイント!2

 

 

歯ブラシの除菌器を選ぶ際に気を付けるべきポイントとして

 

 

しっかり除菌できるもの

 

 

これに尽きると思います。

 

 

皆さんは歯ブラシの除菌器を選ぶ際は
殺菌効果が明記されたものの中から選ぶようにしてくださいね♪

 

 

「おすすめの歯ブラシの種類は?使った後はしっかり
除菌がポイント!」のまとめ

実際に歯ブラシについて調べてみたらたくさんの種類がありました(゚∀゚)

 

 

私は普段から1種類の歯ブラシを交換時期が来るまで
ずっと使用していました。

 

 

歯ブラシを調べてみた結果、その時々に合わせて
異なる種類の歯ブラシを使い分けてみるのも
良いな~と思いました!

 

 

また、使い終わったらしっかり除菌するためにも
除菌器を使用することをおすすめします!

 

 

歯をキレイにするための歯ブラシを使うのに
歯ブラシそのものが菌だらけであったら
元も子もありませんよね(笑)

毎日使うものでもあるので清潔に保っていきましょう(*^^*)

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です